でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

北京空港で自動化ゲート利用可能に!(居留許可証残6ヶ月以上の外国人)

f:id:trvlr:20161126173618j:plain

首都机场实施出境自助通关 10秒就能搞定

2018年4月9日更新

外国人も中国の自動化ゲートが利用可能に!

外国人の場合も北京を始めとして上海や深センで自動化ゲートが利用可能となりました。

パスポートがICチップ入り、そして居留許可証が6ヶ月以上残っている方であれば自動化ゲートへの登録をし、利用をすることが出来ます。

 

北京に戻ってくるときにいつもいつも入国審査で長い列に並ばされて(私の運が悪いだけ?)

中国人向けのブースは複数開いているのに、外国人向けのブースは1人しか入国審査官がおらず、どんどん長くなる列、けれども誰も何もしない、そして急にもう1つ外国人用ブースが開いて、列の後ろの人が誘導されてそちらに行って、途中に並んでる私はそのまま並び続ける。。。

ということが多々起こります。

 

イライラしても仕方ないんですが、待たなくてもいいなら待ちたくないですよね。

早速自動化ゲートを北京空港で登録して使ってみました!

必要な物
  • ICチップの入ったパスポート(日本のパスポートの場合にはパスポートの中に固い紙のようなものが入ってます。2006年以降発行のパスポートは皆入ってます)
  • 居留許可証の残り有効期間6ヶ月以上(一度、居留許可証が6ヶ月に一日足りない状態で空港に行きましたが、やはり6ヶ月ないとだめでとのことでした。)
登録をする場所

北京空港の場合、この申請は中国(北京)から出る時ではなく、中国に帰ってくる時に登録する必要があります。

ターミナル3の場合には、パスポートにスタンプを貰った後、その後ろに一段高くなっているカウンターがあってそこに数人係りの人がいるような場所がありますが、そこで申請をします。

 監視台のような感じになっているところです。その高くなっているところの後方側に小さなドア(たぶんずっと開いている感じ)があって、そこでE-channel(自動化ゲート)の登録をして貰えます。

 

北京首都空港↓

f:id:trvlr:20171005191952j:plain

 実際の登録方法

監視台内にいるスタッフにパスポートを持った状態で「E-channel」と言ったらフォームを渡されました。

そのフォームに名前、パスポート情報、居留許可の情報(フォーム裏面)を記入し、パスポートと一緒に渡すと写真及び両方の親指の指紋を取ってもらって終了です。

ちなみに大して中国語は分からずとも、特に聞かれることもないので問題なく。夫の帯同ビザな私でも問題なく登録出来ましたよ!

 

尚、居留許可証が切れると再度登録し直し、という事のようなので残念ながら居留許可証が切れたらまた手続きが必要なようです。

北京で登録しても、その他中国国内の空港でも使えるようなので、海外旅行が多い中国在住の方はメリット大だと思われます。

使用する際の注意

自動化ゲートの登録をして、実際に使用(入出国)する際、海外から中国に戻る際には、特に何も特別な操作はいりません。

ゲートでパスポートをスキャンして、指紋スキャン(顔スキャンもしてるのか?)してゲートが開きます。 

けれども中国から出る際にはまず自動化ゲートの近くにあるバーコードスキャン及びモニターが置いてあるエリアで、自分の乗る飛行機のチケットをスキャンしてから、自動化ゲートへ行って、出国手続きとなります。

このチケットのスキャンをしていないとゲートが通れませんのでお気をつけを。

 

また昆明空港に行ったところここでは使えないとのこと。本当かどうか、係員によって言う事が違う中国なので微妙ですが外国人が使えるのは北京、上海、広州のみだと。

ただ深センでも使っている日本人の方のネットでの情報もお見かけしたので定かではありません。また後日マカオと珠海の境界でも自動化ゲート、使えました!

www.dekoboko-world.com

北京以外の方の場合:ネットでの登録情報

深センの場合もこちらに日本語で中国の自動化ゲートが外国人でも利用可能となったことについて紹介されている方がおられました。(以前も永住権を持っている外国人は可能でした) 

4travel.jp

北京の場合:ネット上での情報

英語でこちらの内容について紹介しているThe beijingerではZビザ保有者である必要ということであったのですが、私(夫の帯同ビザ)でも登録可能でした。

www.thebeijinger.com

 

北京から出るのも、入るのもスイスイで時間が短縮出来ます!無料で登録出来るので在住の方はぜひ検討してみてください!