でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

2017年12月末: ミャンマーでプリペイドSIM購入(ヤンゴン空港 T1)

ヤンゴン空港でSIMカードを買う

到着ターミナルで購入

中国東方航空はターミナル1です。ANAもターミナル1のようですね。ANAに乗って颯爽と到着したかった。。。

www.dekoboko-world.com

空港では入国して、カバンを受け取り、出てすぐのあたりにSIMカード売り場がありました。

データパック&通話可なSIMを買ってミャンマー旅行中使いました。

今回何度かミャンマーで電話を使う機会があったので安かったし、電話番号もあって良かったなというところです。

ちなみにインレー湖へ行く際に使うヘーホー空港、バガンのニャウンウー空港どちらにも小さいながらSIM売り場があったのでヤンゴン空港以外でもSIMを買うのは簡単そうです。マンダレー直行便もバンコクや昆明からありますが、他の方のブログを見ると、こちらも問題なくSIM購入出来るようです。

このMPTという電話会社のSIMを買いました。ここはミャンマー国営の電話会社だそうです。ミャンマー中にこの黄色い旗がはためいてました。

Myanma Posts and Telecommunications - Wikipedia

f:id:trvlr:20180326174156j:plain

SIMとデータの価格

f:id:trvlr:20180326174633j:plain

SIM価格及びデータ価格表

2017年12月時点ですが、SIMカードは1,500チャット+データに応じた金額でした。うちはそんなに使わないかなーと思い、2,900MB(5,000チャット)、計6,500チャット(今で言うと500円位)を買いました。

10日の旅でしたが、デザリングして二人でメールチェック、動画はみてませんがニュースやテキストを主にしたサイトを見たりしてましたがやはり全部は使い切りませんでした。ちなみに追加でお金を足して使えるという事が書いてあって、このMPTという会社はミャンマーどこにでもあるようであったので、足りなくなくなったら追加は気軽にできそうです。

SIMを買って、シムフリーのスマホをお姉さんに渡して設定して貰いました。その後すぐ使えるようになってます。

使った感想、実感スピード

ミャンマーぐるっと周ってインレー湖あたりが一番田舎な感じではありましたが、ホテルのネットよりSIMのネットの方がずいぶん早かったです。


(一泊5千円以下のホテルのみという指示が夫から出ていたので高級ホテルには全く泊まっておりませんが)ホテルのWIFIはどこもいまいちでした。ミャンマーはホテル高いっす。

中国で遅いネットにはある程度耐性がついていると思っていますが、テキストが主なニュース的なサイトも全然、全く前に進まず、イライラはしませんでしたがまぁこんなもんかなと。ネットジャンキーな方はSIMデータを多めに買っておきましょう。

SIMの問題なのか電話回線の問題なのか、電話をミャンマー国内の航空会社にしていた時、何度か切れてしまうことがありました。でもデータは問題なく、インレー湖の真ん中でも使えました。

通話は航空会社に電話しただけでしたが、その後一日観光に行った際に車とドライバーさんを雇って、ポパ山というところに観光に行ったのですがその際にとりあえず連絡先を交換するのにも使えて便利でした。
www.dekoboko-world.com