でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

北京のレストラン:野菜好きならヴィーガンレストラン【Root pop】がオススメ!

www.dekoboko-world.com


ある週末の昼、↑のホテルに行く前に昼ごはんを食べる場所をいつもの通り大众(中国のレビューサイト)で調べてました。最近夫とベジタリアンレストランに行ってないので、素食(ベジタリアン)のカテゴリのレストランを見てました。

ヴィーガンレストラン 「Root Pop」

以前書いたのですが、私はゆるベジで、夫はパートタイムベジタリアンです。(造語です)私は野菜が大好きで基本的に野菜しか食べていないくせにいつも野菜が食べたいと思っています。夫はそうでもなく、たまに肉も食べたい派です。

 

www.dekoboko-world.com


 

夫はあからさまなベジタリアンレストランに苦手意識があって、更に北京ではレストラン全般、結構当たりハズレが大きいのであまり新しいレストランに行きたがりません。そのため基本決まったところにしか行っていない私達。。。

 

そこで、この Root Pop というレストランが目につきました。双井というエリアにあるヴィーガンレストランです。

www.thebeijinger.com

 

↓の方がメニューの写真が沢山載っているのでおすすめ。

www.thebeijinger.com

 

レストランの場所

朝阳区百子湾路苹果社区北区B座3号楼22号 

営業時間はThe beijingerによると毎日朝11時〜午後10時、月曜休みという他ウェブサイトの記述もあり。

f:id:trvlr:20170830185035j:plain

http://j.map.baidu.com/GEA1L  ←ここから百度地図で見られます。地下鉄10号線双井駅からだと1.3km/徒歩18分と書いてます。

 

Today Art Museum | Hours 今日美術館/Today Art Museumという美術館の3号館の対面にあります。

 ヴィーガン料理 

ヴィーガンというのは、牛、豚などの肉類、魚に加えて乳製品、卵も摂らない菜食主義なのでかなり厳しいんです。ゆるベジな私でさえ、ヴィーガン料理というとどうもパサパサな感じとか、おいしくないんじゃと思ってしまいます。ホントはそんなことないんですが、イメージ。

 

新しいお店なので、大众にもあまりレビューがなくて、写真も少なかったのでちょっと微妙かなと思いつつ。

 

www.happycow.net

 

ベジタリアン御用達のHappy Cowというベジタリアンレストランやショップの検索/レビューが見られるサイトでも2件だけですが良さげなレビューがあり、ちょっと興味があったので行ってみて、もし微妙なら近くのWagas(チェーンのカフェ)に行こうという事で夫を納得させ出かけました。

Root Popのメニュー

外観撮らなかったのですが、お店小さいです。テーブルが4卓ほど外にありました。8月だったんですが、そこまで暑すぎず。外でも食べられるので、私達も外で食事しました。空気が綺麗+快適な気温の時期がとても短い北京では貴重な時間です。

 

f:id:trvlr:20170830223911j:plain

 

白の清潔感のある外観でしたが、外のテーブルは前の人の残した食べかすがちょっと残っていました。まぁ北京なので、ご愛嬌で。

f:id:trvlr:20170830220230j:plain

 

ちょっと見にくいんですが、レッドダルチリドッグ、天ぷらドッグなどのドッグの部分に線が入っていて、動物性の食材を使っていないことを表しているよう。レストランの料理は全部ヴィーガンです。

 

f:id:trvlr:20170830220305j:plain

 

アイスクリームもありますが、乳製品を使ってません。ナッツミルクかココナッツミルクで出来ています。今回は食べなかったんですが、次回ぜひ食べてみたいです。

 

f:id:trvlr:20170830220320j:plain

 

f:id:trvlr:20170830220336j:plain

安くはないですが、ドラフトビールもあり。

お料理

私は天ぷらドッグを、夫はファラフェルラップとパルメザンチーズフライドポテトを。

ファラフェル - Wikipedia

f:id:trvlr:20170830221357j:plain

天ぷらドッグは40元(今のレートで600円位)だったのでもうちょっと大きいか複数来るかと思っていたんですが、一本だけだった。。。

 

でも味は美味しかったです。中にフェイクミート(大豆で作られた偽肉)が入っていてそれをホットドッグみたいに揚げてあって、紅しょうがと海苔でトッピング。天ぷらとは違いますが、別の物と思って食べれば新しくて美味しかったです。

 

夫のファラフェルラップもファラフェル(豆のコロッケみたいな感じ)の他にも色々入っていて食感が良くて美味しかったです。一口だけ貰ったんですが美味しかったからだと思いますがそれ以上貰えなかった。

 

パルメザンチーズも乳製品なので、このフライドポテトのパルメザンチーズも、もどきです。ヴィーガンチーズって色々な物で作れるそうなのですが、豆腐だったり、ナッツだったりでチーズもどきを作ります。例えば、乳製品にアレルギーがある人なんかもこういう代替のチーズ食べたりするそう。今回、Root Popで食べたフライドポテトにかかっていたチーズは、ほんとにチーズの味がして、何で作ってあるのか不明ですが、チーズとしか思えない味でした。

まとめ 

北京で洋食系のヴィーガンレストランはここが一番だと思います。楽しいメニューで、美味しいのが良いです。別にベジタリアンな人じゃなくても、美味しいからオススメできます。メニューによって、値段がちょっと高めな気がしますが全ての物が高騰している北京だからそれも仕方ないかな。後は家から遠いのが悲しい。

 

勿論ヴィーガンのお友達なんか来る時にもここ使えますね。双井エリアに行かれる場合には、ぜひこちらも選択肢に入れてください!

 

そして、このレストランの周りは、オシャレなカフェやアートショップ、美術館があるアート空間になってました。次回はもう少し時間に余裕を持って周ってみたいなと思いました。