でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

北京の保険と健康診断、ユナイテッド、パークウェイ、そして微妙な病院の個人的感想

中国の健康保険

中国では外国人は大きな公立病院のVIP部門(主に英語でその他言語もあり)に行くか、外国人向け(もちろん中国の方も行けますが)民間の病院に行くか、という場合が多いと思います。そのため保険もそういった外国人向けの病院も含めた内容になっていると思います。

日本の会社にお勤めの皆様、ご家族の方は駐在の方向けの保険に入っているのかな?と思います。うちは現地採用なので夫の勤務先で契約している保険に入っています。

今はCignaという保険会社。上海の時は夫の勤務先(今とは別のところ)がMSH Chinaという会社で、私も現地の会社で働いていたので別途中国平安という会社の保険に入っていました。

中国に限らずですが日本の国民基本全員同じという保険と違って、民間の保険は日本人の私からすると複雑です。保険にも色々ランクがあり、保険料金が高いものは保障内容が広く、カバー率も高く、安い保険はカバーされる率が下がります

今使っている保険はアメリカ等では一般的なようですがDeductible(ディダクティブル)が設定されています。

Deductible(免責金額) 損害額のうち保険契約者が負担する金額をいう。金額を決めるほか、保険金請求金額に対する比率として決めたり、または損害が発生してから給付が開始されるまでの待機日数として決められる場合もある。保険カバーが同一であれば、免責金額が高くなるにつれて保険料は低くなる。

D|米国保険用語の解説(アルファベット順)損保ジャパン日本興亜総合研究所

免責金額というのは、日本の健康保険にはないので初めよく分かりませんでした。とりあえずまず一年で初めて病院に行く場合、この設定されている金額分は自分で払う必要があるという内容です。保険はこのDeductible支払い後に適用となります。

歯科はここからまたオプションとして付いている場合や、付いていない場合もあります。うちは100%保障ではないですが、一応付いてます。

健康診断

あんまり皆様の役には立たないかな?とも思いますが、私自身の北京での健康診断の経験について書いてみます。

うちの場合には、現在入っている保険で健康診断が年に1度付いています。

健康診断は夫の勤務先(保険)が提携している病院に行って行います。

北京に来て4年、健康診断1年目は北京の外国人向けではたぶん一番有名どころの麗都にあるユナイテッド北京で受け、次は名前は伏せますがこのエリアの別の外国人向け病院、次がパークウェイヘルス、今年はまたユナイテッドで受けました。

ユナイテッドで普通に保険との提携なく受ける場合には3年前に聞いた際には一番ベーシックなのが1650元〜でした。

でも日本の市町村でやる健康診断位の項目のはその一つ上のスタンダード4500元〜位の料金のものな印象でした。検査項目は先生との面談での検査、身長体重、心電図、血液、便尿、超音波等。

ユナイテッド北京

ユナイテッド北京
在中国日本国大使館 北京の医療機関リスト

ユナイテッドは北京だけではなく、上海含め広州や天津、青島にもあります。過去3つの病院での健康診断を経験してみて健康診断はユナイテッド北京が一番手際が良い印象です。

日頃の診察もそうですが、看護師さんも慣れていて悪い対応をする看護師さんには個人的には会ったことがないです。

日本語部門もあって、予約や通訳も日本語でお願い出来ます。日本人の先生、日本語を話す先生も何名かいらっしゃるようなので診察科と時間が合えば希望を出すことも可能です。英語でも問題なければほぼ全ての先生が英語が可能と思います。アメリカ、イギリス、ドイツ等々の「外国人医師」が多いのも特徴です。

診察も予約をすればほとんど待たないか、待つ場合にも1時間以上待つことは稀です。待合室にはお茶、珈琲、リンゴ、中国のお菓子が置いてあって、WIFIもあります。

強いてデメリットを挙げるとすると、2つあります。

1つ目は中国あるあるですが予約や支払い時にスタッフとの話が噛み合わずにちょっとイライラすることがあります。毎年何度も挑戦して説明するDeductibleもうちの保険だけではないはずなのに全く分かってもらえません。健康診断のときも何度も結構長い時間かけて説明しないと分かって貰えなかったり。これはユナイテッドに限らずですが。

けれども最大のデメリットは高いことです。

夫の勤務先が払っている保険料金は全然分からないのであくまで個人的推察ですがうちの保険は中くらいのランクではないかなと思います。そのためCo-PayといってこれまたDeductibleとは異なる自己負担の割合が「料金が特に高い病院」にのみ中国内の病院で何箇所か設定されています。これ以外のキャッシュレス病院として提携している場所では100%の保障内容です。

ユナイテッドはこのカテゴリに入っているのでうちの場合、毎回多少自己負担が発生します。

診察でユナイテッドの先生に診て頂くと診察代だけで1,100元前後(2万円位、保険適用前)、先日夫が急に目眩がして頭が痛いと外出先で訴えて麗都のユナイテッドに行き、即日MRIをして貰ったところ12,000元程(20万円位、保険適用前)でした。幸い病気ではなかったんですが保険がなかったら支払いが大変な額です。

ちなみに支払いがこのように大きな額となることも多いと思うので支払いはWechatもありますが、海外発行のアメックス含めクレジットカード払いも出来ます。

日本の会社で保険に入っている方であれば100%カバーされると思うのでこれはほとんどの方はこの点は気にしなくてもいいかもです。

ユナイテッドの健康診断
f:id:trvlr:20180605210624j:plainf:id:trvlr:20180605210618j:plainf:id:trvlr:20180605210614j:plain

本院の1号館、病院内。複数の建物があります。

健康診断は麗都にある本院でのみ可能です。平日のみなのでちょっと働いている人には面倒かもです。14号線の将台駅からも徒歩可能です。

健康診断は朝食抜きで行いますが病院内にはカフェがあり、健康診断が終わるとパンと飲み物とヨーグルトが貰えます。
f:id:trvlr:20180605210610j:plain:w500

サクサク進みますが、今年は超音波がその日予約がいっぱいだったそうで1時間半程待ちました。それ以外はほとんど待たずに終わりました。

パークウェイヘルスの健康診断

パークウェイヘルスは上海に住んでいた時はこちらもお高い病院という認識でした。でも北京ではまだ?馴染みがないのかうちの保険ではこちらは高い病院リストには入っておらず、100%補償される病院に入っています。
www.parkwayhealth.cn

今は朝陽門外大街とWAB(京西学校)のまぁまぁ近くのちょっと中心部からは外れたエリアに2箇所あります。

何度か前者の方に通ったことがあるのですが日本語の話せる看護師さんがいらして、その方は良い印象でした。でも受付の人がいまいちで何度かコミュニケーションですれ違いが発生してちょっとイライラした覚えはあり。けれども中国なのでこれも普通かなと思います。

後、全体的に建物内がスカスカしているというか、設備を考えるとユナイテッドの方が充実している印象でした。(数年前なので現在は変わっているかも)

健康診断はこちらも手際は良かったです。ただ診て頂く先生が中国人の方でお互い第二言語同士というのもあり、うまく意思の疎通が出来ない部分がありました。これは私が中国語ぺらぺらだったら問題ないですが。

こちらも待合室にはスナック、コーヒー、紅茶、水なんかが置いてあり、健康診断後には飲み物と菓子パンが貰えます。土曜日も健康診断をしていたのでスケジュール的にはこちらの方が便利でした。

微妙な病院

ユナイテッド北京の本院があるエリアと同じところにまた別の外国人ウェルカムな病院があります。こちらにも健康診断で行ってみたんですがひどい対応でした。

健康診断もそれぞれの保険と個々にパッケージが設定されているのですが予約時から本当に話がスタッフと噛み合わず、保険会社や夫の勤務先スタッフにも話をしてもらってようやく予約しました。

予約時の人に話が通って、当日また同じく受付で分からないと言われると嫌なので予約スタッフにその点について連絡をお願いしますと複数回メールでやり取り、分かりましたということでした。

が、これも中国あるあるですが、当日行っても全く話が通じておらず。だーれも私達の受ける健康診断パッケージの内容について分からない状態。あげくは本当にそんなパッケージがあるのかというような事を言われ、予約でやり取りしたスタッフに聞いてください、とお願いするもお休み中なので連絡が取れないと。

結局私のやり取りしていたメールをプリントアウトして健康診断してもらいましたが、この時点で既に1時間以上経過しておりぐったり。

その後も看護師、医師の方ことごとく手際が悪いというか、健康診断自体にスタッフが慣れていなかったのか一人ひとり別の場所へ一人しかいない看護師がそれぞれの診察場所に連れて行っており、その他の人はぼーっと待つだけ。ことごとく超超時間がかかり、私達の他にも健康診断を受けている人が複数いましたが皆さんご立腹でした。

健康診断を受けていた別の外国人の男性はあまりにご立腹だったらしく、支払い受付で苦情フォームを貰って書いてました。私達もあまりに対応がひどく感じたのでその後のアンケートで苦情しました。

もう2年も前の事なので現在は変わっているかもと思いますが、夫も私も二度とここには行きたくないです。でも私の入っているWechatグループでは結構ここに行っている、良い先生がいるという情報も見聞きするので私達のケースは不幸が重なっただけかもしれません。

ただまぁ他に選択肢がある場合には、あまりに手際が悪いところが普通もう二度と行かないですよね。

まとめ

北京には外国人向けの病院がたくさんあって、日本人向けの病院も特に日本人が多く住むエリアに多くあります。そういった場所に住んでいる方を除くとユナイテッドが一番便は良いことが多いと思います(クリニックの数、場所が多いので)。

個人的には料金がやっぱり高いのを除けば一番無難な病院かなと思います。

f:id:trvlr:20180610122754j:plain

あと一つ気になるというか、北京なのにいまいち空気対策がされていないところもちょっと気になります。劇的に空気が悪くなる日もありますが、ドアがもうきちんと閉まらない仕様のドアなのでいくら屋内に空気清浄機置いてあっても無駄というか。

本院でも超空気悪いよ!って時にもメインの建物のドアがガーーンといつも開いているのでそこも空気対策をしている身としては気になるところではあります。

でも北京で空気対策を万全にしている/出来るのはかなり限られた場所、環境意識の高い人の集まりではないと無理な気がするので空気が体に害を及ぼすという事実についてまだ市民にいまいち浸透していない北京では難しいのかもです。