でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。日本と北京をウロウロしてます。

お風呂好きにおすすめ 西鉄イン蒲田 海外出発前夜ホテルにぜひ

私の近況から

最近更新滞ってます。  

私事でちょっと忙しく、ブログを定期的に更新できておりません。
でも元気に生きております。  

旅行の予定としては12月にはタイ、マレーシアへ、
1月は友人の結婚パーティーで急遽香港へ行くことに。  

香港へ行く際には一時期ちょっと話題になっていたイベリア航空の乗らなくてもいいからチケット買ったらマイル(avios)あげるよキャンペーンに乗って買ったマイルでキャセイドラゴンで行きはエコノミー、帰りはファーストクラスチケット(最初で最後か?!)を予約しました。  

個人的に香港のキャセイラウンジは雰囲気も食べ物も大好きです。  

ファーストクラスラウンジ体験を楽しみに帰りは夫をホテルに置いてでも自分は朝早く行こうと既に気持ちが盛り上がってます。  

その一方で過去の旅行の書きたいことはあるのに、全く更新が進んでおりません。

私は時間の管理がどうも苦手で、冬休みの宿題も半泣きで「半紙ない〜(T_T)」とか最終日に親に言うような感じでした。  

大人になった今も大して変わらず。

羽田前泊後泊に!西鉄イン蒲田  

f:id:trvlr:20181201151342j:plain:w500
ローソンが下にあるので便利です。

 

   

羽田空港がやっぱり成田より便利で最近は羽田を使うことが多いです。
田舎出身なもので大概東京に前泊または後泊する必要がある事が多い私。

夏に日本に戻った際に、出発前夜に西鉄イン蒲田に泊まりました。  

日本に住んでいる方はそこまで気にしない方も多いかと思いますが、私はお風呂が好き、ホテルは出来るだけ浴槽付きが良い派です。   

日本のビジネスホテルだと浴槽付きがほとんどかと思いますが西鉄イン蒲田はその中でもちょっと特徴があったのでご紹介します。

ロケーション

JR蒲田駅からは徒歩3分、京急蒲田駅からだとちょっと遠くて徒歩18分です。  

羽田空港に電車で行くには京急に乗らないとなので電車じゃないと!って場合にはだめです。

でもJR蒲田駅から羽田空港行きのバス(乗車時間30分位)が早朝深夜含め出ているので、ほとんどの方は問題ないと思います。帰国時、羽田空港からの場合も然り。  

Google地図   

  

JR蒲田駅東口の目の前に空港行きバス停があります。
この日は夏休み時期だったからか結構混んでましたが乗れました。

f:id:trvlr:20181201151402j:plain

お部屋  

普通のビジネスホテルだとトイレ、浴槽が手前、その後にベッドがあると思います。

ここは入ってすぐ、ベッドです。   

f:id:trvlr:20181201151346j:plain:w500

   

変なホテル西葛西にもありましたが、無料貸し出しスマホがありました。   

f:id:trvlr:20181201151351j:plain f:id:trvlr:20181201151356j:plain

特徴のあるお風呂  

奥にはお風呂場が囲まれてあります。トイレはその隣り。

f:id:trvlr:20181201152210j:plainf:id:trvlr:20181201152206j:plainf:id:trvlr:20181201152159j:plain

日本人ならやっぱりこれ洗い場があって、足が伸ばせるお風呂です。

うちの実家よりお風呂大きかったです。155cmの私は足伸ばしても余る位でした。  

一応カーテンでお風呂場とトイレエリアを区切れるようになっています。
これを締め忘れると朝太陽が眩しくて予定よりも早く起きてしまうことに。(私)  

まとめ

海外に住んでいる人も、そうではない人も
日本を出る前に日本のお風呂体験をしておきたい時には良いかもと思いました。  

値段がお手頃だったら私もまた泊まりたいと思います。  

ちなみに私は食べなかったのですが朝食も無料で付いてくるそうです。 部屋に持っていって食べてもいいということで、混み合っててもゆっくり食べられますね。  

西鉄イン蒲田 トリップアドバイザー 口コミ 料金比較

バスの中で  

毎度そうですが帰国時は荷物多すぎるので今回も実家からスーツケースは既に宅配便で空港へ送っていました

次の日の朝、バスに乗った際に、重くはなかったのですがリュックと手に持つボストンを持っていました。  

結構混んでいたので満席&私含め立って乗っている乗客もいる状態。   

私の隣の座席に座っていた老夫婦の方が

「荷物重いでしょ、私達の足元開いてるのでここに置いたらどうですか」  
と声をかけてくださって。  

東京って人と人のふれあいが希薄になりがちなのでちょっと嬉しかったです。
お言葉に甘えて空港まで荷物を置いて頂きました。