でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。日本と北京をウロウロしてます。

北京ーシカゴ UA850/851 しょぼしょぼサンドイッチなエコノミー搭乗記

アメリカは遠いよ!

今年もやってきました夫の実家への帰国。もう万国共通と思いますが、親戚、家族みんな良い人だけど気を遣うからあんまり帰りたくないっていう気持ちが全面に出過ぎて疲れました。

そしてアジアからアメリカは遠い

私は1〜2年に一度しかアメリカ行かないのでほんと出張とかで行き来なさっている方は大変だなと思います。飛行機乗るのは好きですが、長時間のフライトは気持ちが滅入ります。

ビジネスクラスだったらもっと気持ちも晴れやかなんでしょうが、うちはエコノミーしか乗れません。。。。

それも夫の地元が田舎なもので乗り継ぎを考えるとやっぱり北京からの飛行機じゃないと(日本乗り継ぎだと、北京ー日本ーアメリカの大きい空港ー地元空港と乗り継ぎ多くなる)疲れるので中国系かアメリカ系の航空会社から選ぶしかなく。それも目的地が小さい空港だから大概アメリカ系の選択肢一択になります。

UA850 北京ーシカゴ

乗る前にはいつものエアチャイナのラウンジへ。ここも気分は上がらない場所なのでそこそこでゲートへ。

www.dekoboko-world.com

f:id:trvlr:20180817132347j:plainf:id:trvlr:20180817132331j:plainf:id:trvlr:20180817132343j:plain

機材はB777-200でした。まぁ特に何も言うことない普通の一般的なエコノミーシートでございます。3-3-3の座席で狭いのは狭いですね。モニターも結構古いから小さくて見づらかった。

ただやっぱり英語の映画は充実はしていて、種類も多かったです。

f:id:trvlr:20180817132337j:plain:w500
挿しにくかったですが一応座席下にコンセントもあり。

行きの機内食

私過去にユナイテッドに乗った際にベジタリアンミールを事前にお願いしておいたにも関わらず、機内でないって言われてずっとそれを根に持ってたんです。でも今回はちゃんと出てきました。

でも、美味しくはなく、軽食のサンドイッチなんてほんと中身なくてやる気なさすぎる機内食で、気分も全く上がらないですよ。

f:id:trvlr:20180817151825j:plainf:id:trvlr:20180817151821j:plain

夫はカレー好きなんで、ヒンディーベジタリアン、私はいつものラクト・オボ・ベジタリアン。

f:id:trvlr:20180817152308j:plainf:id:trvlr:20180817151817j:plain

もう一食、夫のは撮り忘れました。トマトジュースお願いしたら、しょっぱくてスパイシーだけどいいかと聞かれてこれが。ノンアルコールですが、濃かった。

f:id:trvlr:20180817151854j:plain:h500 サンドイッチは、これはちょっとひどすぎると思います。何か取ってから写真撮ってるわけじゃなくて、きゅうりとレタスだけ。

UA851 シカゴー北京 機内食

夫を仕事もあり私一人で帰り道。長時間のフライト一人はほんと気持ちが暗くなります。フライトは、シートもエンターテイメントも同じだったので特に何も変わらず。

f:id:trvlr:20180818180902j:plainf:id:trvlr:20180818180858j:plainf:id:trvlr:20180818180854j:plain

ご飯はやっぱり美味しくはなかったけどとりあえずベジタリアンミールが出てきて良かった。そしてまた軽食のピタは味しなくてレタスだけみたいな感じでどうなってんのこれ、という感じ。

行き、帰りのユナイテッド航空のサービス

キャビンクルーの方は年齢層がかなり高めでした。40代とかではなく、たぶん60代?位の方も結構いらして。私も年重ねて来ているので年齢が上の人も働いている、それ自体は歓迎すべきことと思います。

ただ、皆疲れてるのか機嫌悪そうな人が多く、また座席上の荷物入れが重いから閉められないので手伝ってとか乗客に言っているところを度々見かけてちょっとどうなのかと。
緊急時とかほんと率先して助けてくれるのか?と疑わしい感じ。

飲み物とか食べ物配っている時もカートにずっと寄りかかりながら配っていて、乗客が Thank youとか言っても配る側は無表情みたいな。イヤホン配る時にも寝てる人に向かって投げてたし。

仕事環境がいまいちなのかもしれませんけどもうちょっとアメリカの良さ、フレンドリーさを見せて欲しいところです。

フライト中の食事も私は素人なのでよく分からないですが暗くなってるところ急に照明付けて明るくなって、ご飯食べたらまた暗くなるとか何がしたいのかよく分からない感じでした。

でも暗い中でも一応水を配ったりしてクルーの方が巡回してたし、ご飯も出たし、最低限の要件はクリアしていると思います。多くを求めずA地点からB地点への移動として考えれば問題ないと思います。

SSSSの表示が航空券にあった

行きは夫と一緒でしたが、夫の航空券の隅に「SSSS」の文字が。これはアメリカ行き、帰りにランダムに割り当てられて通常のセキュリティチェックとは別に荷物検査が必要とされる場合にこの文字が航空券に入ってます。

www.huffingtonpost.jp

私と夫は別々に航空券を購入して、夫はアメリカ人ですがSSSSのマーク、私は何もなし。

ゲートを入ったところで夫は荷物検査を受けて、5分位かな後に検査終わって機内に入りました。私も以前北京空港でこれに当たったことありますが、別にやましいところもないので荷物検査を再度して、終了なので特に問題もないです。ちょっと面倒なだけで。

たまに当たる分には特に気にしなくて良いそうです。

周りの乗客

中国は結構まぁ隣りに座る人の当たり外れがあるので宝くじみたいな感じですが、今回は隣りに座る人は問題なく。

ただ行きに中国系アメリカ人の家族が後ろに座っていて、真ん中に座ってた私の真後ろの高校生か大学生位の女の子が映画、テレビを見てすっごい声を上げてリアクションをして、また結構大きな声で笑っていて。

途中「オーマイガー」とか怖い映画見てたのか急に「キャー」とか言い出して。こっちがびっくりするよ、と思っていたら私達の隣りに座っていた中国人男性が途中で堪忍袋の緒が切れたのか「静かにしてください!」とその女の子に注意を。

が、しばらくしたら彼女はまた映画で笑いだしてて、あんまり気にしてないのか、分かってないのか。まぁ家で映画みているわけじゃないし、ほとんどの周りの人は寝てたんで一緒にいた親が注意してくれたら良かったんだと思いますが。

帰りはとりあえず問題なく帰って来られてそれだけで良かったなと。

まとめ

ユナイテッドも色々ありましたね。私も好きな航空会社!とは言いませんが移動する手段として考えればまぁ問題はないかなという感じです。ただ別の選択肢があればそちらを選びますけども。

食事は日本からだと食べ物持ち込みもありですが、中国だとそんなに食べたい物もないし、うちはコンビニも遠いのでいまいちです。

一応スナックとしてミューズリーと飴とかチョコとか持って食べてましたが機内食はまぁ予想通りというか、食べられなくはないが特段美味しくもなく。

シカゴまでは13時間もありましたが私はあまり機内では眠れない方なので毎回苦行のようです。

5時間位だったら耐えられるんですが13時間はやっぱりきついなー。